知っておきたい!テラスハウスの特徴やメリット・デメリット

テラスハウスとはどんなものなのか

テラスハウスとは、戸建て住宅が複数連なった造りになっている長屋のような建物のことで、隣の家と壁が繋がっているのが特徴だと言えるでしょう。よく形態が似たものとしてタウンハウスと呼ばれるものがありますが、タウンハウスの場合は庭などの敷地が共有になっているのに対して、テラスハウスの場合は、敷地の権利がそれぞれ独立しているという違いがあると言えます。

テラスハウスのメリット

テラスハウスのメリットとしては、まず一戸建てのような感覚で住むことができるということが挙げられます。テラスハウスは左右の壁が隣と繋がっていることを別にすれば、戸建てと同じような作りになっているため、一般的な集合住宅とは違う感覚で住めると言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、一戸建てより家賃が安く済むということです。テラスハウスは一戸建てよりも建築費が安く済むため、一戸建て感覚なのにそれより安く利用できるというわけです。さらに挙げられるメリットは、上下階の音を気にする必要がないということです。テラスハウスは、一階と二階を同じ入居者が使用できる構造になっているため、一般的な集合住宅のように上下階の音で悩む心配はありません。

テラスハウスのデメリット

一方でテラスハウスのデメリットとしては、隣の家と壁が繋がっているため、隣の音が響く場合があるということが挙げられます。ですので、その点が気になる場合は、防音性能などを事前にチェックしておくことも重要でしょう。そしてテラスハウスは集合住宅の形態であり、一戸建てとは違ってルールや制限が設けられている場合があるため注意が必要です。

千歳の賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸戸建住宅の情報が満載です。千歳は、自然が多い割には商業施設も医療施設も揃っていて、そのバランスの良い住みやすさから人気の街です。