知っておきたい!入居時に必要となる初期費用について

初期費用にはどんなものがあるのか

賃貸の部屋を借りる際は、家賃だけを月々支払えばいいというわけではなく、入居する前に支払わなければならない初期費用というものがかかります。大家さんや不動産会社へ支払う初期費用としては、敷金や礼金を始め、前家賃や仲介手数料などがあります。

それぞれの初期費用の特徴と相場

それぞれの初期費用を詳しくみていくと、まず敷金は、部屋を退去する際に必要となる原状回復の費用や、万が一家賃の滞納が発生した場合に充てられるお金のことであり、特に問題がなければ戻ってくる性質のものです。次に礼金は、文字通り大家さんに対するお礼の意味で支払うお金であり、こちらは後で戻ってくることはありません。さらに前家賃は、入居する最初の月の家賃を前もって支払っておくというお金であり、仲介手数料は、不動産会社へ支払う手数料になります。実際の金額としては、敷金と礼金、前家賃がそれぞれ家賃の1ヵ月分であり、仲介手数料が家賃の0.5~1ヵ月分が相場になると言えるでしょう。ですので、合計すると家賃の4か月分程度が初期費用として必要になると言えます。

その他にかかる初期費用

また、入居そのものにかかる初期費用以外にも、引っ越し費用や家具家電等の購入費用も考慮しておく必要があります。引っ越し費用に関しては、距離や量などによってかなり差がありますが、一人暮らしの場合は3~10万円程度で、家族暮らしの場合は8~30万円程度が相場になります。家具家電の購入費用に関しては、一人暮らしで全て新しく購入する場合だと、10万円程度はかかると言えるでしょう。

江別市の賃貸といっても、家賃や部屋の広さなどさまざまな条件の物件が存在しています。そのため物件を探すのであれば、どのような条件の物件がいいのか整理してから探すようにしましょう。