賃貸物件選びをする時は周辺環境の確認が大切

周辺環境が住環境を変える

賃貸住宅を選ぶ時は家賃や物件の立地や間取りなど基本的な部分は当然大事ですが、周辺の環境が悪い事で希望通りの賃貸住宅だったはずの物件が一気に住みにくい物件になってしまうので注意が必要です。

良くあるケースとしては家賃も間取りも立地も希望通りだったものの周辺に工業があって騒音や異臭がひどかったり、すぐ近くに商業施設があって交通量が異常に多くて生活しにくいなどがあります。このような状況にある物件では住宅としての魅力は下がってしまいますし、法令に違反していない限りは相手に強制的に改善させる事はできないので後になって後悔しないように部屋を決める前にしっかり確認して部屋を選ぶべきです。

不動産会社の担当者に確認するのも一つの方法ですが、担当者が必要以上に物件のデメリットに関しては話したがらない場合もあるので自分で確認するのが確実です。

時間帯や曜日で環境が変わる

周辺の環境を知る為には実際にその物件の内見に行く時に周辺の状況を確認すると良いです。ここで注意するべきなのは時間帯や曜日によって周辺の環境が大きく変わるという事です。

例えば周辺に工業があって騒音が激しい場合でも夕方以降や土日など工業が操業していない時間帯や曜日では騒音は発生しません。そのため問題が発生しない時に周辺環境を確認してもデメリットに気づけないのです。このまま何も問題ないと勘違いして契約してしまうと後で後悔するので、複数の曜日や時間帯に周辺に訪れて住むのにデメリットになる要素はないか確認した上で契約する物件を検討して決めると良いです。

札幌の賃貸マンションは、寒さから部屋を守るために二重窓になっています。夏のクーラーの温度も守ることが出来るのでエコだと言えるでしょう。