競売よりも任意売却をする方がメリットが大きい

競売とはどんなシステムか

競売とは債務者が借りたお金を返済できなくなった時に担保に入っている土地や建物を債権者が裁判所に申し立てて、裁判所が介入して価格を決定した上で売りに出す事です。

競売の場合は任意売却で売られている物件と違って明け渡されるまで内部を買い手側が見る事はできないのと立ち退きを巡ってトラブルになる可能性があります。さらに競売にかけられている不動産を購入する時は銀行のローンが付きにくいというデメリットも買い手側からするとあるので、相場よりも安い金額で落札されていきます。競売で売却される時は相場の7割から低いと6割ほどで落札されてしまいます。

売却できる価格を考えると売る側としてはメリットが少ないので、経済的な事を考えると任意整理の方が得な場合が多いです。

競売よりも任意整理を選ぶメリット

そのままにしておけば競売にかけられて売却される場合でも任意売却を選択する事ができて、任意売却を選択するメリットは大きいです。

一番のメリットは安い金額で売却しなくても済むという点です。債務が払えなくて任意売却を行う場合は単純に不動産を売却したいから売るとうう場合とは違うので、少しでも早く買い手をみつけなくてはいけません。そのため相場よりも少し安い金額で売却する事も珍しくありませんが、競売と比べればかなり相場に近い金額で売却する事が可能です。

さらに退去日も任意売却では相談して決める事ができますし、競売にかけられた時のように近隣に情報が漏れる事もないのでプライバシーへの配慮もされます。

任意売却とは諸事情から住宅ローンが払えなくなった場合に、自宅を競売よりも高く売却する方法の一つです。(*実際の状況により可能な場合と不可能な場合があります。)